ある医師の軌跡―関寛斉

sekisyouzou81880

 関寛斎は、1830年(文政13年)、今の千葉県東金市東中の農家吉井佐兵衛の長男として生まれました。儒家関俊輔の養子となり、その薫陶を受け、長じて佐倉順天堂に入り佐藤泰然の門下で蘭医学を学びます。26歳の時銚子で開業しますが、豪商濱口梧陵の支援で長崎に遊学します。

 この濱口梧陵という人物は、ヤマサ醤油の前身濱口儀兵衛商店の7代目で、1854年(安政元年)に安政南海地震の津波が広村(現和歌山県広川町)に襲来した際、大量の藁の山に火をつけて安全な高台への避難路を示し、村人を救ったことで有名です。これをもとに作られた「稲むらの火」という物語は今も語り継がれています。

 寛斉は、長崎でオランダ人医師ポンペに最新の医学を学びました。その後、徳島藩のご典医となり、戊辰戦争では官軍の奥羽出張病院頭取として、兵站の楽でない政府軍のもと野戦病院で傷病兵の治療だけでなく、財政的にも厳しい病院経営に腐心しました。

 戦地から徳島に戻った寛斎は、藩立医学校の創設に情熱を燃やし、付属病院長、教授に就任します。医学校開院式の日、待遇に不満を持つ医員たちが来賓の藩参事を胴上げして床にほうり出してしまい、寛斎はその責任を問われ、謹慎処分を受けます。一時は復職したものの、結局は退官し、1873年(明治6年)、徳島に診療所を構え以後約30年間、町医者に徹します。

 寛斎は、貧しい人からは治療費を受け取らない赤ひげ診療を行い、住民たちからは「関大明神」とあがめられ、関医院にいたる道は徳島人から「関の小路」と称されていたといいます。ここまでも結構な波瀾万丈の人生ですが、すごいのはここからです。

 寛斉は夫妻で金婚の祝賀を受けた後、一念発起し産業発展のために必要な地と注目された北海道の開拓を志します。その時既に年齢70歳で、四男の又一は札幌農学校に在学していました。

 石狩樽川農場を開拓し、1902年(明治35年)72歳でさらに奥地の原野だった北海道陸別町の開拓事業に全財産を投入し、広大な関牧場を拓きます。開拓の方針を二宮尊親が経営する二宮農場の自作農育成に求めて「積善社」を結成し、徳富蘆花との交遊を深め、トルストイの思想に共鳴し、理想的農村建設を目指しました。

 しかし、トルストイよりも過激であったのか、それとも土地を開放し、自作農創設を志すが果たせなかったことに絶望したのか、子の餘作、又一に志を託し、 82歳にして服毒により自らの命を絶ちました。陸別町には関寛斉資料館が建てられ、波乱にとんだ生涯が映像やパネル、実物資料をもとに展示されています。

 このように見てくると、関寛斉の人生を貫いたのは、非常に強いヒューマニズムと社会に対する義侠心のように思われます。それらは、農家に生まれた出自や、儒家の養父に育てられた来歴によるのか、それともしっかりとした指導者のもと順天堂で学び、「稲むらの火」の主人公の援助を得て長崎で蘭学を学んだ経歴によるのでしょうか。

 あるいは戊辰戦争で敵味方なく傷病兵を治療しながら医療経営に腐心し、医学校を設立した仕事魂によって生まれたのでしょうか。はたまたもっと深いところで人間性に根ざしていて、トルストイと同じく人生や社会と全身を持って対峙する資質によるものだったのでしょうか。

 凡人の私には分析のできないところですが、五里霧中のこの時代に一度われらが先達にも、このようなきりりとした生き様があったことを知るのも悪くはないとご紹介する次第です。



http://www.webshinokawa.com/sekikansai003.htm Link

關 寛斎 (1830〜1912)

― posted by 大岩稔幸 at 10:32 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.7 >>
SMTWTFS
  12345
678910 11 12
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0088 sec.