ある産科医師のつぶやき

WATSON012


帝王切開による死亡は殺人事件ではありません。
母親や赤ちゃんの安全と健康を望まない医師などいるでしょうか。手を尽くしたけれど救命できなかっただけです。
妊婦が前置胎盤、そして癒着胎盤という病気を持っていたのは医師のせいではありません。

赤ちゃんやお母さんを不幸にして助けられなかった場合、我々医師だって平然となんてしていられません。
後でみんなで何度もシュミレートし直して、何度も話合います。本当に助けられなかったか。

でも、後から思い返しても、どんなに手を尽くしても助けられないこともあります。私達は決して開き直るわけじゃない。助けたかったという遺憾と助けられなかったという無力感から立ち直るには時間がかかりますし、常に目の前の症例に対してベストを尽くしたいという気持ちはみんな持っています。

ただ、所詮は神の領域には手が届かないのです。

この大野事件の家族は、もしこれが癌の手術で死亡したのだったらここまで医師を恨んだでしょうか。
きっとそうではないと思います。

癌のような病気であれば家族も覚悟して臨んだはずです。
帝王切開ではそこまでの覚悟は無かったのではないでしょうか。

先人達の努力により、日本でのお産は世界で一番安全なものになりました。
妊婦たちも安全であることが前提として認識し、ご飯が美味しい産院や、部屋のリネンが高級ブランドである産院などに人気が集まります。

でも、今でも毎年約50人の妊婦がお産で亡くなっています。
これはゼロには出来ません。

だから、不幸な結果になってしまっても、「ちゃんとした医療が受けられなかったから」ではなく「本来お産は危険なもので、医療には限界があるから」なのです。(もちろん、水準以下の医療がゼロとは言いません。私達も日々邁進する次第です。)

妊娠出産が当たり前という認識が広まり、何かあったら医療ミスじゃないかという考えが、医療現場を萎縮させ、産科医不足を招き、結局は国民みんなにとって困った事態になっています。

1人でも多くの赤ちゃんやお母さんを助けたい、私達の目標は変わりません。だから、これ以上医療が崩壊して、産科や新生児科を志したものたちが辞めたくなったり辞めざるを得なくなったりするような事態になって欲しくないのです。

妊娠出産は本来危険を伴うものです。命に関わるものからそうでないものまで、沢山のリスクや煩わしいことが有り得るのです。
だからみなさんも覚悟して妊娠出産に望んでほしい。そして、何かあったときは自分の体に起こっていることを理解し、責任をもって自己決定する能力を持って欲しい。
それが一人ひとりに出来ることだと思います。


http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/03/311_4a15.html Link

http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2008/08/post_b044.html Link

― posted by 大岩稔幸 at 09:33 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.8 >>
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
171819202122 23
24 252627282930
31      
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0085 sec.