プラチナ革命

WATSON012



 プラチナであれば、ゴールドほど派手でもないし、シルバーほど地味でもない。映画化され大ヒットした「失楽園」や、日経新聞連載中に異例の盛り上がりをみせた「愛の流刑地」など、渡辺淳一さんの小説には、激しい生き方をつらぬく男女が数多く描かれています。

 その延長線上にある近著「熟年革命」では、50歳代からのシニアを『プラチナ世代』と名づけ、彼の小説の主人公たちにも重なる、完全燃焼する人生スタイルを提案しています。

 「シルバー」と「プラチナ」。なるほど言い方ひとつで受けるイメージが違ってくるものですが、そんなオジサマ・オバサマ族が、もっとかっこよく、もっと輝いて生きていくためにはどうすればよいのでしょうか。

 渡辺淳−さんは、「歳をとればとるほど不良になろう」と呼びかけています。おそらく、歳をとるたびに常識的で小うるさくなっていく、自分のなかの“高齢成分”をコントロールしようということでしょう。

 プラチナ世代は、ご唱和ください。「われわれは世間体にこだわらず、常に好奇心いっぱいに、好きなものを追いかけ、相手と自分をほめて、お酒落で素敵なワルになることを誓います」
(渡辺淳一著「熟年革命」より)

― posted by 大岩稔幸 at 11:56 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.10 >>
SMTWTFS
   1 234
56 7891011
12131415161718
192021 22 232425
26 2728293031  
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0099 sec.