医療と漫画について

NONALNUM-CAB0E5A5CFA5CA

リアル医療漫画が人気
2010年8月5日 提供:読売新聞

 医師や看護師らが活躍する医療漫画が、漫画の一ジャンルとして定着してきた。テレビドラマ化される作品も多いうえ、いまや学術研究のテーマになるほど注目されている。
 医療がテーマだったり、医師らを主人公にしたりした漫画173作品を調べあげ、傾向を分析した論文を発表するのは、東大医科学研究所の医師、岸友紀子さん(36)。
 論文によると、医療漫画は1980年代後半から徐々に増え始め、これまで約1割がテレビドラマや映画、アニメへと映像化された。岸さんは「患者意識の変化で、医師が従来の聖職者から身近な存在となり、医療がだれでも関心を持ちやすいテーマになっている」と指摘する。最近の傾向は臨床心理士や理学療法士など医師以外の医療従事者を主人公とする作品が出てきたことだという。
 「医療漫画は、野球漫画やグルメ漫画と同様、いまや定番のジャンル」と話すのは、18万冊の蔵書を誇る現代マンガ図書館(東京都新宿区)の西智子さん(30)。同図書館は昨年、企画展「医療マンガ傑作選」を開いた。
 西さんによると、70-80年代の作品では、超人的な技量を持つ医師が多く登場した。手塚治虫の「ブラック・ジャック」が代表例だ。しかし、90年代以降は新米医師の成長を描く「研修医なな子」など等身大の主人公とそれを取り巻く人間ドラマが増えた。
 最近では医師不足や医療事故をテーマに採り入れた「医龍」「麻酔科医ハナ」「最上の命医」などが「医師が見てもリアリティーがある」と評判だ。
 それもそのはずで、昨今の医療漫画は医師が監修したものが多く、内容も専門分化してきた。漫画研究家のヤマダトモコさんは「大人が漫画を読む時代になったのに合わせ、内容の方も本格的でリアルさが追求されるようになった。このため、専門家が監修したり、実態を詳細に調べたりして描かれた作品が増えている」と説明する。
 60-70年代、「巨人の星」を見てプロ野球選手を夢見た子どもたちがいたように、若者の職業選択への影響も見逃せない。東大の岸さんは「私の周りでも漫画の登場人物にあこがれて医師になった人は多い。漫画は関心を持つきっかけになりやすい」と話す。
 昨年テレビドラマ化されて大ヒットした「JIN-仁-」は、幕末にタイムスリップした脳外科医の活躍を描いたものだが、「JINの効果なのか、脳外科の希望者が増えた」と喜ぶ大学病院関係者も。医療漫画のヒットが医師不足解消に一役、なんてこともありそうだ。(高梨ゆき子)

2 of 212

― posted by 大岩稔幸 at 09:59 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2010.8 >>
SMTWTFS
1234567
891011121314
151617 18192021
22232425262728
293031    
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0085 sec.