ゲーム型政治

gekkab01b


「負けそうだから、リセットしてやり直そうっと」

 テレビゲームをしている子どもが時々、こんな言葉を口にします。物語を徐々に進めるジャンルのゲームは、途中で内容を記録する場所があって、リセットすればそこからやり直せるのです。

 主人公が危険な状況になった場合、何度でも元に戻すことが可能。仲間を組み直したり、武器を変えたり、敵の弱点を調べたり…。戦闘部隊の大将を代えることも当たり前の戦略です。

 先週、発足した麻生内閣の様子を見ていて、このゲームを連想しました。わずか一年ぐらいの間に、首相職の投げ出しから新内閣発足まで、国民は同じような場面を2度も見せられました。

 またもや、リセットされたのです。自民党という主人公が勝つために、軍団の長が代わり、各部隊長も入れ替え。日本を率いる人々がこんなにも安易に代わるとは。大臣ポストが極めて軽いのです。

 見栄えがすれば、誰でもいいかのような扱い。しかし本来、国を統べる大臣の職責はそんなものではないはずです。

 大臣という意味の「相」の字は木偏に目。木の高い所に上がれば見通しがきく。視野が開ければ、こうすべきだという助言ができる。だから「相」は先を見て助けるという意味に用いられ、やがて大臣を「xx相」というようになったとの説があります。

 日本という国の行く末を見ることができる先見性、そしてその状況に合わせた的確な政策を実行できる能力がある人材こそが、大臣になるべきなのです。

 「選挙を戦えない」などを理由に、猫の目のように首相や大臣が代わって、国民のための政治ができるはずはありません。いくら能力ある人が務めても、一年やそこらで結果は出せないのですから。

 また、リセットされるたびに時間と労力が浪費され、血税が消えることも見逃してはいけません。本当に必要な民主主義のコストであれば何も言いませんが、現状はどう考えても違います。

 国民受けを狙った劇場型政治は、さらに変質して「ゲーム型政治」になっています。内閣が一新されただけで、国民生活がよくなるはずはないのです。本当の主人公である私たちには今、一連の政治劇を冷静に見る確かな「目」が求められています。

― posted by 大岩稔幸 at 09:42 pm

自民党政治の終わり

mainimg01



 新しい政治を考えなければいけない時期に来ています。自民党の一党支配が機能不全に陥った原因と経緯を民主党の小沢一郎代表と小泉純一郎元首相の果たした役割を軸に、述べてみたい。

 従来の『自民党システム』の条件は4つある。
第1は、冷戦が日本外交の選択肢を限定し、自民党を有利にしていたこと。
第2は、中選挙区制度。
第3は、日本経済の持続的な成長。
第4に、官僚が政治を下支えしたこと

 だが、この4条件はすべて変わった。まず冷戦は終わり、自衛隊の海外派遣を求められるなど国際情勢が変化した。環境の変化に対応しきれない日本に危機感を持ち、政治制度を根本的に変えようとしたのが、自民党システムの本質と限界を知り尽くした小沢氏だった。

 大胆な政策転換を可能にする二大政党制が持論だった小沢氏。その前提となる小選挙区制が1994年、導入された。

 経済面も大きく変わった。先進国に追いつくという明確な目標に向けて、官僚が民間を誘導すれば成長できた時代は終わり、市場での競争を原則とするグローバル化が進んだ。

 あらゆることが市場で決まり、重要情報が集まらなくなった役所の機能が低下した。

 自民党は、借金を重ねバラマキをしないと延命できないシステムになり、ついに小泉氏の人気に頼ったと。だが、小泉氏は、自民党の組織基盤もぶっ壊した。2005年の総選挙の大勝は自民党最後の輝きだった。


今後の日本政治の打開策として2つの提案をしてみたい。1つは「マニフェストの本格的な活用と政権交代をベースとした政党間競争の充実による欧州型への転換である。もう一つは立候補する際に、現在の職業との兼任や休職を認め、新たな人材が政治に挑戦しやすくすること。

 二世議員でないと有力政治家になれない状態を改め、競争によって政治に活力を与えることである。政党問競争と脱・世襲制が大切である。

― posted by 大岩稔幸 at 10:32 pm

後期高齢者医療制度の廃止

qr0010


ビックリ仰天。

新聞にも出ていますが、今朝のテレビ番組で、舛添大臣が仰天発言を行いました。
「後期高齢者医療制度を大幅に見直す」とのこと。

  3つのポイントは、
  (1)75歳という年齢で分けない、
  (2)保険料を年金から天引きしない、
  (3)若者と高齢者の対立をあおらない制度にする。

ビックリ仰天。まさに、野党が主張していることです。

何を今更? という気がします。
この3点を徹底的に国会でも野党は批判したのに、
「後期高齢者医療制度は正しい」と言い続けたのが、与党です。

麻生総裁候補とは、この案で舛添大臣は合意した、
しかし、福田総理には相談していない、とのこと。

よくわからない話です。

選挙前に国民受けするアドバルーンだけあげるのは、
国民をバカにしています。本当に制度が問題だと思うなら、
民主党の後期高齢者医療制度廃止法案に賛成すべきです。

同時に、野党の大反対を押し切って、
2年前にこの法律を強行採決した責任を与党はとるべきでしょう。

とにかく、わからない点が多すぎるので、今後の議論を見守りたい。

― posted by 大岩稔幸 at 10:06 pm

萎縮診療

gekkab06b


 防衛医療(ぼうえいいりょう、Defensive Medicine)とは、主に医療過誤の賠償責任や刑事責任追及等にさらされる危険を減ずるための、医療者側の対応として行う医療行為、あるいはリスクの高い患者の診療の忌避を意味する。「根拠に基づいた医療」をもじって「判例に基づいた医療」(Precedent Based Medicine, PBM / Judgment Based Medicine, JBM)と表現されることもある。

 医学的には妥当な医療行為であっても、訴訟リスクなどを恐れてあえて行わないといったことが起こる。「萎縮医療」などと別称される所以である。また、患者にとってプラスになる医療行為であっても、医療関係者自らのリスクを避けることを優先しあえて行わないといったことが起こる。「保身医療」などと別称される所以である。(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E8%A1%9B%E5%8C%BB%E7%99%82 Link

 医療には明確に線引きができない不確実な部分が多く存在します。どんな病気でも、教科書どおりの症状がでない、教科書どおりの経過をとらない、そして教科書どおりの治療をしても予期せぬ事態が起こりえます。

 そしてさらに、検査や手術は、どんなに簡単といわれているものでも、危険性がつきまといます。検査中や手術中に少しでも手がすべったり、集中力を欠いたりすれば、患者さんの人生に決定的な影響を及ぼすような合併症をひきおこしてしまう可能性があります。

 もちろん、医師はこのようなリスクを知っているので、自分の失敗が患者さんのデメリットとならないように、日々、自らの技術や知識を磨こうとしています。

 ところがその一方で、医師の技術や知識によっても、防ぎきれない合併症が存在します。ほとんどの場合、このような合併症が起こる可能性は極めて低いのですが、必ず一定の確率で起こります。

 現在、日本社会が訴訟社会へ変わりつつあります。

 もし、このような医師の努力によっても防ぎきれない重篤な合併症が不幸にして生じた場合、医師には民事訴訟、さらには刑事訴訟が待っているのではないでしょうか?

 医師にとってはそのキャリアの終焉を意味するかもしれません。

 福島大野病院事件で加藤先生が無罪になったことは喜ばしいことです。

 しかし、通常の医療行為を行っても逮捕される可能性があるという事実が日本の医師に与えた心的外傷はなかなか癒えるものではありません。

 今後、厚生労働省が主張しているような、医師の懲罰的制度としての傾向が強い医療事故調査委員会がそのまま設立されてしまうと、外科や産科で萎縮医療が蔓延するのは避けられないでしょう。

 萎縮医療が蔓延すれば、救急や高リスクの患者さんは自分を治療してくれる病院を探す事がもっともっと困難になるかも知れません。

― posted by 大岩稔幸 at 10:13 pm

<< 2008.9 >>
SMTWTFS
 12345 6
78910111213
14151617181920
21222324252627
28 29 30    
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0116 sec.