夜光杯

img049

 西安はかつて長安とよばれた唐の都だった。当時、長安はシルクロードを通じて東西の珍品が集まり、酒楼などでは西域から伝わった葡萄酒を夜の光に輝く玉杯で飲んだという「夜光杯」。その妖しげな名の酒杯はどんなものだったろう。

 古代、夜光杯は白玉を研磨してつくられていた美しい酒杯である。夜光杯の名が書物に登場するのは漢代に遡るといわれている。漢代の東方朔の記した『海内十州記』によれば、「周代に西域の者が玉でつくられた刀と夜光にきらめく杯を王に献上した。杯は白玉の極めて上質なもので、夜間も光り輝く」とある。

 一方、涼州では祁連山脈から採れる「祁連玉」を使って夜光杯がつくられた。夜光石ともよばれる祁連玉は、墨色の模様の入った緑色をしていて、きめが細かくなめらかな質感を持っている。玉を薄く削って酒杯にすると、夜の光を通して緑色に輝くことから宝物として珍重された。

 シルクロードによって繁栄を極めた唐代の長安では、夜光杯に西域から伝わった高級な葡萄酒を入れて飲むことも上流階級にあったと言われている。しかし、後世まで夜光杯を有名にしたのは唐代の詩人、王翰の『涼州詞』の一首である。ただし、その夜光杯が祁連玉だったかどうかは定かではない。

葡萄の美酒に夜光杯
飲まんと欲すれば 琵琶馬上に催す
酔うて沙上に臥す 君笑うこと莫かれ
古来征戦 幾人か回(かえ)る
               王翰 『涼州詞』 唐詩選より

img050

― posted by 大岩稔幸 at 01:13 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2009.2 >>
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
 

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0089 sec.